カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ブレスレットのつけ方

パワーストーンブレスレットのつけ方

パワーストーンブレスレットは基本的に左手につけてください。

(右利きの方の場合です。左利きの方は、右手につけるようにしてください。)

エネルギーは、左から入って、右に出ていくと考えられています。

左手につけて、パワーストーンのエネルギーを取り込みます。

 

身を守ってくれるパワーストーンブレスレット(水晶、オニキスなど)は、右手につけてください。


自分の周りにバリアをはって、ネガティブなものを寄せ付けないよにします。


チャクラとの対応で、パワーストーンブレスレットを対応するチャクラのところへ持っていき、瞑想をするのもよいです。

例:ローズクォーツは、第4チャクラ(ハートチャクラ)を癒し、活性させます。


心の傷を癒したい時、元気になりたいときは、ローズクォーツを胸のところに置き、しばらく瞑想します。



☆恋人、好きな人、旦那さまとのデートの時は、

普段は、左手にしている妖精エンジェルブレスレットを右手にしてみましょう。



右手から、エネルギーが出ていくので

あなたのパワーストーンの愛、Happy,喜び、情熱、絆を深める、

リラックス、ヒーリング効果エネルギーが、二人を包み込んでくれます。


楽しいデートができる、楽しい嬉しい会話が続く、緊張を和らげ、リラックスして話ができる、心地良く自分の魅力が伝わる


などの効果があります。




入浴中や、就寝中、運動時、プール、海などでは、パワーストーンブレスレットは外してください。

夜は、パワーストーンブレスレットも休息の時間です。ゆっくりと水晶クラスターや、さざれ、月の光に浴びさせて、休ませてあげてください。

Mahalo Nui Loa!

ページトップへ