カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

14kGFの説明

14KGF(14金ゴールドフィールド)とは、金の層を高熱と圧力で素材(真鍮:しんちゅう)に圧着したもので、その金の層の質量が素材を含む総質量の1/20以上の場合ゴールドフィールド(金張り)と呼ばれます。

14/20Kとは商品全重量の1/20が14Kという意味です。

通常のメッキよりも100倍も厚い層で作られているため、長時間使用しても剥げてくることはほとんどありません。大切に扱えば3世代に渡るほど長持ちすると言われています。

金の美しさと高級感、品質の良さでアメリカでは高品質のアクセサリーに多く使われ、人気です。アメリカでは、ファッションジュエリーではなく、ジュエリーの分類に入ります。

左から、金メッキ、14KGF、18Kの図です。

青い部分は芯(真鍮など)

・金メッキはまわりが薄い金でメッキされており、剥がれやすいです。

14KGFの特徴

14KGFは厚い層で、剥がれにくい

・厚い層のため、アレルギーの方でも、お肌に優しい処方となっています。(すべての方にあてはまるわけではありません。)

・何年たっても、ゴールドの輝きをもち続けます

・お値段がゴールドとくらべて、お手頃の値段で手に入ります。


お手入れ方法

14KGF(14金ゴールドフィールド)のお手入れ方法


ネックレスは、汗がつきやすいです。

つけたあとは、水ですすいでください。


汚れが目立つときは、薄めた中性洗剤を使います。


石鹸で洗うと、石鹸カスがパワーストーンの表面につき、曇りの原因となりますのでさけてください。


研磨剤入りのクロスで磨かないでください。ゴールドフィールドが剥げてきてしまいます。


柔らかいメガネ拭き、研磨剤の入っていないジュエリークリーナークロスを使ってください。



<黒くなってきた14KGFジュエリーの洗い方>



5年前からつけている、パワーストーンピアスとネックレスです。


チェーン部分は、黒くなってきて、パワーストーンの穴に黒い汚れがあります。


<用意するもの>


・重曹(ベーキングソーダ)

・中性洗剤(食器洗い洗剤)



1、重曹をかけます。




2、中性洗剤と水と混ぜます


手が荒れやすい方は、手袋をしてください。


あわあわ


3、水で洗い、タオルの上で乾かします。



色が明るくなりました。



キラキラ〜


パワーストーンの穴の中の黒ずみも綺麗になりました!



パワーストーンの大きさ穴は、約1mmなので、

それより、細めの歯間ブラシを使ってください。


0、4mmの歯間ブラシを使いました。Amazonで買えます。


ワイヤーが曲がったり、石が取れたりしないよう、

一番細い歯間ブラシで、優しく穴に通してくださいね。


水に弱いパワーストーンは、洗う時間を短くしてあげてください。

(インカローズ、ターコイズ、エンジェライト、ソーダライトなど)





14Kゴールドフィールドは、高品質で、大切に扱えば、家族三世代にわたるほど長持ちします。



ぜひ、参考にしてみてくださいね。


愛と感謝をこめて マハロ


Satomi

ページトップへ